フェイスアップを考える人の悩み たるみ

たるみのせいで老けて見える ハリがない…

年齢を重ねると、体力がなくなって疲れやすくなるなど、老いを感じることがあります。しかし、内面的な老いよりも顔のシワやたるみなど、外面的な老いの方が目立ちやすいです。シワやたるみが起こると、メイクをしてもカバーができなくなってしまったり、お気に入りの洋服を着てもイマイチ決まりません。いつまでも綺麗でいたいと思う方は、美容外科のフェイスアップがおすすめです。近年は、様々な美容外科でフェイスアップ・リフトアップの施術が行われています。切らないリフトアップ施術もあり、気軽に受けることができます。しかし、たるみが発生しないように対策をするということも大切です。ここでは、今すぐに始められるたるみ対策やたるみの原因について詳しくご紹介していきます。

今すぐ始める「たるみ」対策

顔にハリがない、輪郭がぼんやりしている、朝起きたときに顔にできた枕の跡がなかなか残らない。これらはたるみが始まるサインです。ハリがなくなって重力に逆らえなくなると、たるみはどんどん悪化していきます。そこで、たるみが起きる前に、ひどくなる前に対策をしましょう。今すぐに始められるたるみ対策の1つにマッサージがあります。洗顔後に肌をケアするとき、重力に逆らうように下から上へ、内側から外側にマッサージをしましょう。ファンデーションを塗るときなど、顔に触れるときには、「下から上、内側から外側」を心がけてください。また、力をかけすぎてしまうと摩擦によって肌が傷ついてしまうので、注意が必要です。また、口を大きく開いたり閉じたりして、顔の表情筋を衰えさせないようにしましょう。

日常生活で気をつけること

たるみが起こる原因は、主に加齢です。しかし、それだけでなく乾燥や紫外線によって起こることもありますので、日頃から乾燥や紫外線に気をつけて生活をしましょう。乾燥は冬場に起こりやすいので、加湿をしたり肌のケアを入念に行うなどをしてなるべく水分を失わないようにしましょう。また、紫外線は夏場だけでなく年中気をつけるべきです。たるみを抑えたいのであれば、メイク下地に日焼け止めの成分が含まれたものを使用するなどをして、肌に影響を与えないようにしましょう。さらに、たるみにはストレスも大きく関係をしているので、なるべくストレスを溜め込まないようにすることも大切です。趣味を見つけるなど定期的にストレスを発散しましょう。

コラムを読む

たるみの原因

たるみの原因は大きく分けて3つあります。「肌の弾力の低下」「脂肪の肥大化」「筋肉の低下」です。肌には、ハリを支えるコラーゲンなどの成分があります。年齢と共にこれらの成分は少なくなっていきますので、たるみが発生します。また、皮下脂肪が増えると重力によって下へ落ちてやすくなってしまいます。さらに、顔の筋肉が衰えてしまうと、皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなってしまいたるみが発生します。肌の弾力、筋肉の低下、脂肪の肥大化は年齢を重ねることで起こりやすくなりますので、加齢とともにたるみが発生します。また、乾燥や紫外線などの外的要因によって起こることもあります。

コラムを読む
コラムを読む