たるみの原因

たるみの原因は大きく分けて3つあります。「肌の弾力の低下」「脂肪の肥大化」「筋肉の低下」です。肌には、ハリを支えるコラーゲンなどの成分があります。年齢と共にこれらの成分は少なくなっていきますので、たるみが発生します。また、皮下脂肪が増えると重力によって下へ落ちてやすくなってしまいます。さらに、顔の筋肉が衰えてしまうと、皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなってしまいたるみが発生します。肌の弾力、筋肉の低下、脂肪の肥大化は年齢を重ねることで起こりやすくなりますので、加齢とともにたるみが発生します。また、乾燥や紫外線などの外的要因によって起こることもあります。

たるみができてしまう3大原因

肌の外側からの要因

たるみは加齢とともに起こるもの、と思っている方は多いですが、実は加齢以外にも、乾燥や紫外線などの外的要因によって発生することもあるのです。ですから、年齢に関係なくたるみが発生することも。乾燥や紫外線は、コラーゲンやエラスチンなどの肌のハリを保つ成分を減少させたり、破壊します。それを防ぐためには、乾燥させない、紫外線に当たらないということが大切です。洗顔後にたっぷり保湿ケアをしたり、日焼け対策をするなど、日頃からケアを行いましょう。

肌の内側からの要因

肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンは、年齢を重ねることで徐々に減少します。ですので、若い頃とまったく同じ生活をしていても、老化すれば自然とたるみが発生します。さらに、食事による栄養素が偏っていると肌のハリに必要な成分はさらに減少してしまいます。コラーゲンなどは食品からも摂取することが可能なので、たるみを予防、改善したいのであれば、食生活を改善することも大切です。バランスのとれた食事を心がけましょう。

不規則な生活習慣からの要因

食生活の乱れだけでなく、ストレスや、喫煙、飲酒などの生活習慣によってもたるみが発生します。ストレスは活性酸素という体のサビの原因となるものを増やしますし、タバコは末梢神経の収縮を起こしたるみの原因を造ります。また、お酒は血管にあるコラーゲンに負担をかけてしまいます。ですので、ストレスは定期的に発散する、タバコを吸わない、お酒の飲み過ぎを控えるなど、生活習慣に気をつけることが大切です。生活習慣に気をつけることで、たるみの発生を防ぐことができます。

できてしまったたるみにはフェイスアップ術

肌がたるんできてしまったら、まずは生活習慣の改善を心がけましょう。また、重力に逆らうマッサージや表情筋を使用するように心がけることで改善できます。しかし、セルフケアでは劇的な改善はなかなか困難です。劇的な効果を希望するのであれば、やはり美容外科でのリフトアップ・フェイスアップ施術をおすすめします。美容外科では、フェイスリフトやリフトアップなど様々なフェイスアップ術が行われているので、簡単にフェイスアップできます。

コラムを読む