日常生活での気をつけること

たるみが起こる原因は、主に加齢です。しかし、それだけでなく乾燥や紫外線によって起こることもありますので、日頃から乾燥や紫外線に気をつけて生活をしましょう。乾燥は冬場に起こりやすいので、加湿をしたり肌のケアを入念に行うなどをしてなるべく水分を失わないようにしましょう。また、紫外線は夏場だけでなく年中気をつけるべきです。たるみを抑えたいのであれば、メイク下地に日焼け止めの成分が含まれたものを使用するなどをして、肌に影響を与えないようにしましょう。さらに、たるみにはストレスも大きく関係をしているので、なるべくストレスを溜め込まないようにすることも大切です。趣味を見つけるなど定期的にストレスを発散しましょう。

気をつけるポイントピックアップ

肌を乾燥させない

肌の乾燥は、たるみを生みだす原因です。乾燥している肌は、ヒアルロン酸不足により、保水力が低下しています。ヒアルロン酸は、保水力に優れた成分ですが、加齢とともに成分量は少なくなってしまいます。ヒアルロン酸がなくなると肌の内側の水分がなくなってしまいますし、それに加えて乾燥した空気や冷たい風に肌が当たると外側からも水分が奪われた状態になってしまい、たるみが発生します。病院のリフトアップ・フェイスリフトも有効ですが、日常的なケアとして様々な方法を実践していきましょう。

紫外線にあたらない

日焼けもたるみに大きく関係しています。紫外線は、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの成分を変形させるなどの悪影響をもたらします。紫外線は夏場だけでなく冬場も降り注ぎますので、1年中たゆまずケアをする必要があります。日焼け止めの成分が含まれた下地を使用したり、肌の露出を防ぐなど、日頃から紫外線対策を行いましょう。万が一日焼けをしてしまった場合は、しっかりと保湿を行い、なるべく早めにケアをすることが大切です。

食事

たるみの対策は内側から行うことが大切です。ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンは、食事によって内側から摂取することも可能です。たるみに効果のある食品は、「納豆」「牛すじ」「鶏肉の皮」「卵の薄皮」「キュウリ」「玉ねぎ」など様々です。意識せずとも普段どおりの食事で食べることの多い食材ですが、たるみを改善するために、より積極的に摂取していきましょう。また、夜は栄養の吸収率が高く、より効果が高まるので、これらの食品は夜に摂取することをおすすめします。

表情筋をよく使う

たるみは、筋肉の衰えによっても起こります。顔のたるみを改善したいのであれば、表情筋を鍛えることが大切です。マッサージをしたり、エクササイズをすることによって表情筋は鍛えられます。気軽に表情筋を鍛えたいという場合には、「人と会話をする」ことが効果的です。会話をするときには、口を始めとした表情筋を使用します。笑ったり、怒ったり、表情が豊かであればあるほど顔の筋肉は鍛えられます。会話をするときに、口の形を意識したり、上を向くように心がけることでたるみが解消できます。

ストレスのない規則的な生活パターン

人体は、ストレスを感じると筋肉がこわばり、血管が収縮してしまうため血流が悪くなります。そのため、肌に十分な栄養素を送ることができなくなってしまいます。肌に必要な栄養素が不足してしまうと、たるみを始めシワなど様々な症状が発生します。ストレスを解消するために、働き過ぎずたまにはたっぷり休養する、友人と話をする、カラオケに行って大声を出すなど、自分なりのストレス発散法を行いましょう。生きていくうえで、ストレスをまったく感じずにいるということは非常に難しいです。ですから、発散法を考えておきましょう。

コラムを読む