クリニックも気になるけど… 自宅でできるケアがあったら知りたい!

「顔がたるんできたけれど、美容外科でリフトアップするほどじゃない」「たるみを予防して、少しでも若さを保ちたい」そんなときは、たるみを予防・改善するためのセルフケアを始めましょう。たるみ具合が軽いうちは、セルフケアでも十分フェイスアップできる可能性があります。また、早いうちからケアすることによって、たるみの進行を遅らせることもできるのです。今日からセルフケアを初めて、1日でも長く若々しいお肌を保ちましょう。セルフケアの基本は、毎日の生活習慣を見直すこと。お肌は、日々の食事と生活から作られています。ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、コラーゲンなどの栄養素を積極的に摂取して、夜はしっかり眠りましょう。それが、たるみの予防・改善の第一歩です。

自宅でできるフェイスアップ術ピックアップ

ハリとツヤがあってたるみ知らずの肌を維持するには、生活習慣を改善して、体の内側から働きかけることが大切です。ですが、既にたるみ始めてきた皮膚を引き締めるには、それだけでは心もとないですよね。たるみを改善するには、顔の外側から働きかけることも大切。だからと言って、今すぐフェイスリフト・リフトアップを受けに美容外科へ走る必要はありません。まずは、ここでご紹介する自宅でできるフェイスアップ術を試してみてください。

フェイスアップマッサージ

マッサージでリンパの流れを良くして、
たるみ撃退

顔がたるむのは、肌が老化するから。逆に言えば、肌の老化を防ぐことができれば、たるみ知らずの若々しいお肌を維持することができます。そのためには、リンパマッサージが効果的。リンパの流れと血行を促進すれば、お肌に必要な栄養が届き、老廃物がスムーズに排出されるようになります。難しいテクニックは必要ありません。手にクリームやゲルをつけて、顔や首筋をやさしくマッサージするだけでOK。朝晩2回のリンパマッサージを毎日の習慣にすれば、きっと効果が現れますよ。

詳しくを読む

フェイスアップローラー

顔をコロコロ・・・
フェイスアップローラーの効果とは

たるみ改善アイテムとしておなじみのフェイスアップローラー。美顔ローラーと呼ばれることもありますが、100円ショップで買えるものから数万円する高機能ローラーまで、様々な製品があります。ここで、フィエスアップローラーの基本的な効果をおさらいしておきましょう。1つ目の効果は、表情筋を鍛えること。ローラーを転がすことで表情筋を刺激し、エクササイズ効果を得ることができるのです。2つ目の効果は血行促進。新陳代謝を促進し、お肌の再生力をアップさせることができます。

詳しくを読む

すぐに効果を実感したいなら病院でフェイスアップ!

今すぐ顔のたるみを改善したいなら、病院でできるフェイスアップ術が効果的。最近では、メスで切開してたるみを除去するリフトアップ手術だけでなく、切らずにできる施術でフェイスアップすることもできます。例えば、糸を使って組織を引き上げる、溶ける糸や繊維を注入して皮膚を引き締める、顔の脂肪を吸引してたるみを除去するといった方法があります。また、マトリックスやサーマクールといった最先端医療機器を用いて、たるみを改善することも可能です。

コラムを読む