フェイスアップマッサージ

ふと鏡を見たときに、フェイスラインがぼやけてきたかもしれない・・・と、思ったらたるみが始まっているサインです。美容外科のリフトアップやフェイスリフトなどの施術を受ければ、簡単に解消することができますが、日頃からフェイスアップマッサージを行うだけでも改善することが可能です。たるみに効果的なマッサージは、「表情筋マッサージ」「血流・リンパマッサージ」「ツボ押しマッサージ」などがあります。どのマッサージもお風呂あがりやメイク前などのわずかな時間で行うことができるため、毎日続けやすいです。リフトアップやフェイスリフトのように劇的に変化するということはありませんが、毎日マッサージをしていると少しずつたるみを改善できます。

たるみに効果的なマッサージ

表情筋マッサージ

たるみは、表情筋が衰えることでも発生します。ですから、たるみの改善には表情筋マッサージが効果的です。マッサージをする際には、指の摩擦で肌を傷つけないように、まずは化粧水で肌を整えて、乳液やクリームを使って滑りを良くしましょう。また、顔や手を清潔にしておくことも大切です。準備ができたら、人差し指・中指・薬指・小指の4本を使って、鼻の脇からこめかみにかけての肌を、ゆっくり引き上げます。次に、首筋から顎にかけての皮膚を。その次は、こめかみからおでこの中心にかけて。最後は、両頬からこめかみにかけて。いずれも円を描きながらゆっくり引き上げるのがコツです。重力に逆らうことを心がけて、上へ上へとマッサージをすれば、表情筋が鍛えられてたるみを改善することができます。

血流・リンパマッサージ

リンパの流れを改善するマッサージをするときも、化粧水や乳液などを使用して下準備をしておきます。また、力強くマッサージをしてしまうと腫れたり痛めてしまうことがあり、余計に顔が大きく見えてしまいます。使用する指は、中指と薬指です。リンパを傷つけないように、爪を立てず指の腹で、顎、耳、口、鎖骨、こめかみとリンパの流れている場所を意識しながら、優しくマッサージをします。やりすぎると、腫れたり痛みを感じることがあるので、適度に行うことを心がけましょう。洗顔後やお風呂に入りながらなど、何かをしながらでも気軽にマッサージできます。

ツボ押しマッサージ

フェイスラインのたるみ改善に効果的なツボ押しマッサージについてご紹介します。フェイスラインのたるみ改善に有効なツボは3つ、「頬車(キョウシャ)」「大迎(ダイゲイ)」「頬承漿(キョウショウショウ)」です。まずは頬承漿、口の端から斜めに下がったところにあるツボを人差し指で押さえましょう。次に大迎、顎に力を入れたときエラの筋肉が盛り上がる部位にあるツボです。最後は頬車、大迎から少し耳のほうに上ったところにあるツボです。この3点のツボをローテーションするように刺激していけば、フェイスアップ効果が期待できます。とはいえ、やり過ぎは禁物。ツボは刺激しすぎると却って逆効果になってしまうので、適度なマッサージを心がけましょう。

すぐに効果を実感したいなら病院でフェイスアップ!

今すぐ顔のたるみを改善したいなら、病院でできるフェイスアップ術が効果的。最近では、メスで切開してたるみを除去するリフトアップ手術だけでなく、切らずにできる施術でフェイスアップすることもできます。例えば、糸を使って組織を引き上げる、溶ける糸や繊維を注入して皮膚を引き締める、顔の脂肪を吸引してたるみを除去するといった方法があります。また、マトリックスやサーマクールといった最先端医療機器を用いて、たるみを改善することも可能です。

コラムを読む