フェイスアップローラー

フェイスアップローラーは、100円均一で販売されているものから、数万円もする高級品まで様々です。フェイアップスローラーは、空いた時間やお風呂に入浴している間など、手軽に顔にコロコロ…とできるので、大人気の美容グッズです。近年は、パソコンやスマートフォンを長時間使用する方が多く、気づいていない間に顔が凝ってしまっていることがあります。顔が凝っているとリンパや血の流れが悪くなるため、脂肪がつきやすくたるみを引き起こします。また、肌からハリが失われてしまい、シワもできやすくなってしまうのです。フェイスアップローラーを使用すると、顔の血行が良くなるため、むくみやたるみを解消することができます。マッサージをするよりも気軽に使用できるので、おすすめの美容グッズです。

フェイスアップローラーの正しい使い方

効果が出やすいよう前準備をしよう

フェイスアップローラーは、気軽にたるみを解消できるグッズとして人気がありますが、使用方法を間違えるとたるみを進行させてしまう可能性がありますので、注意が必要です。そこで、効果的に使用するためにも、まずは下準備をしましょう。まずは、血行が促進されやすいように、ローラーを温めます。熱すぎると火傷をしてしまうので、40度程度がおすすめです。ローラーを温めると、消毒効果もあるため、綺麗な状態で使用できます。また、摩擦を防ぐために、化粧水で肌を整えた後、美容液や乳液などを使用して肌の滑りを良くします。ホットタオルで顔を温めたり、お風呂に浸かりながらなど、自分自身を温めておくとさらに血行が良くなります。

効果が出やすいタイミング

使用するタイミングは、必ずメイクを落としてから。メイクを使用したままの肌に使用すると、血行が良くなって開いた毛穴にメイクが入り込んでしまうので、肌荒れを引き起こしやすくなります。よって、フェイスアップローラーを使用する際は、メイクを落としたり、洗顔をしたり、肌を綺麗にしてください。また、入浴中など、体が温まっている状態に使用すると、さらに血行が良くなるのでおすすめです。朝などゆっくり入浴できない場合は、ホットタオルなどで顔を温めてから使用をすると効果的です。夜、お風呂に入った後に行うと朝のむくみを解消することができますし、朝の洗顔後に使用すると、肌が引き締まってメイクのノリが良くなります。

ごりごりやりすぎると逆効果!

たるみを解消したいがために、長時間使用してしまう人も多いかと思いますが、長時間の使用はおすすめできません。長時間、同じ所に使用していると、摩擦により肌が傷ついてしまいます。傷ついた肌は、乾燥しやすくなるので、たるみやシワを引き起こしやすい状態になります。1回の使用は、5分~10分が限度と考えてください。使用回数は、朝と夜の1日2回程度がおすすめです。また、力を入れすぎての使用もおすすめしません。力を入れて使用をすると、フェイスラインの細胞が破壊されてしまいます。破壊された細胞はたるみの原因となるため、フェイスアップローラーを使用しているにもかかわらずたるみが悪化する可能性があります。使用方法を守って、たるみを解消しましょう。

すぐに効果を実感したいなら病院でフェイスアップ!

今すぐ顔のたるみを改善したいなら、病院でできるフェイスアップ術が効果的。最近では、メスで切開してたるみを除去するリフトアップ手術だけでなく、切らずにできる施術でフェイスアップすることもできます。例えば、糸を使って組織を引き上げる、溶ける糸や繊維を注入して皮膚を引き締める、顔の脂肪を吸引してたるみを除去するといった方法があります。また、マトリックスやサーマクールといった最先端医療機器を用いて、たるみを改善することも可能です。

コラムを読む