たるみの現れる場所について

たるみは、乾燥や紫外線の影響を受けやすいところ、露出しているところにできやすいものです。つまり、たるみができやすい箇所というのは、他のパーツよりも目立っているところなのです。腕や足ではなく、たるみが顔に現れるのもそのため。中でも、目元、頬、口元、顎といった目立つ箇所にできてしまいます。なお、各箇所にできるたるみには、それぞれ特徴があります。また、箇所によって美容外科で展開されている若返り治療の方法も違ってきます。今回は、各箇所のたるみの特徴と、フェイスアップ効果を実現するために利用したい美容外科での箇所別たるみ改善法について紹介していきましょう。各たるみの特徴を知り、リフトアップ、ヒアルロン酸注射、フェイスリフトといった若返り治療の中からフェイスアップ効果の高い治療法を選択しましょう。

きになるたるみの箇所別基礎知識

老け顔を簡単に作り上げてしまうたるみ。しかし、一概にたるみといっても、顎のたるみ、口元のたるみ、目元のたるみ、頬のたるみにはそれぞれ特徴があります。今回は、顎、目元、口元、頬にできるたるみの特徴について紹介していきます。自分の顔を老けた印象にしているのは何処のたるみかを知り、改善法を知りましょう。そして、美容外科クリニックへ足を運び、フェイスアップ効果の望めるリフトアップ術やフェイスリフト術を受けましょう。

あごのたるみ

体重が増えたわけでもないのに二重顎が形成されたというあなた、それは、顎のたるみが原因していると思われます。決して、太って二重顎ができたわけではありません。顎のたるみは、顎が二重になり、フェイスラインが膨張するのが特徴です。老化で皮膚が緩み、それが重力の影響を受けてたるんでしまいます。顎のたるみを改善するためには、美容外科クリニックへ足を運び、リフトアップ術・ヒアルロン酸治療といった若返り治療を受けましょう。

口元のたるみ

口元のシワが目立ってきた、ほうれい線のシワが目立ってきたというあなた。それは、シワのせいではなく、頬のたるみのせいだと思われます。頬のたるみは、頬の筋力の低下と口元の緩みが原因です。放っておくと増々たるみが悪化し、口角が下がって見えます。口元のたるみには、美容外科クリニックのリフトアップ術・ヒアルロン酸治療がオススメです。下がった口角をしっかり吊り上げてもらえるので、劇的な若返り効果を実感することができます。

目の下のたるみ

皮膚の中でも特に薄い目元は、たるみを生じやすい箇所です。老化によって筋肉が衰え出すと、目を保護する眼窩脂肪を皮膚が支えきれなくなり、たるんでしまいます。老化で皮膚が薄くなればなるほど、目元はたるみやすくなります。また、放っておくと眼瞼下垂といった症状になることもあります。それを防ぐためには、美容外科クリニックの若返り治療を受けましょう。眼窩脂肪除去、ヒアルロン酸注入といった若返り治療がおすすめです。

顔のたるみ

顔全体のたるみは、年月と共に進んでいきます。私たちは知らず知らずのうちに、紫外線のダメージを受けています。紫外線は肌から弾力と水分を奪い、肌を薄く弱くしていきます。そんな状態の肌に老化が融合されると、一気に肌がたるんでしまうというわけです。顔全体のたるみを防ぐためには、毎日の紫外線対策とアンチエイジングに努めることが一番です。既に形成されてしまった顔のたるみには、美容外科のリフトアップ術がオススメです。

頬のたるみ

頬は顔の中でも最も皮膚の弾力が厚い箇所です。つまり、頬を支える筋肉が衰えてしまえば、頬は一気に下へ下がってしまい、たるみを生じてしまいます。また、脂肪がつきすぎてしまうことも、頬のたるみを形成する原因のひとつといえます。頬のたるみを改善するためには、美容外科クリニックのフェイスアップ治療を受けましょう。フェイスリフト術、リフトアップ術を受けることで、下がった頬が引き締まり、若返り効果の他、小顔効果を期待することもできます。

たるみの施術でオススメのクリニックはここ!

品川美容外科

グループ院を含め、全国48院を展開している品川美容外科は北海道から沖縄まで全国各地に点在しています。開業から25年間、業界トップクラスの400万件以上もの施術を行ってきました。経験豊富な医師による施術により、多くの患者さんから支持を得ています。リフトアップの施術も豊富で、若返り術も得意としています。

  • 公式HPこちら
  • 詳しくはこちら
品川美容外科
コラムを読む