あごのたるみ

体重が増えたわけでもないのに二重顎が形成されたというあなた、それは、顎のたるみが原因していると思われます。決して、太って二重顎ができたわけではありません。顎のたるみは、顎が二重になり、フェイスラインが膨張するのが特徴です。老化で皮膚が緩み、それが重力の影響を受けてたるんでしまいます。顎のたるみを改善するためには、美容外科クリニックへ足を運び、リフトアップ術・ヒアルロン酸治療といった若返り治療を受けましょう。

あごのたるみの原因

二重あごを形成し、太った印象を作り上げてしまう顎のたるみ。顎がたるめば顔全体の皮膚もたるみがちになり、老け顔にもなってしまいます。そんな顎のたるみには、様々な原因があります。紫外線や老化の影響はもちろんのこと、筋肉低下、体重、むくみなども顎のたるみを作り上げる原因のひとつです。今回は、顎のたるみの原因と、その解消方法について紹介していきましょう。顎のたるみを解消するには、美容外科のリフトアップ術でフェイスアップをする他、自分でできる毎日のケアも重要になります。

あごの筋力低下

顔のアウトラインを形成する顎。顔の筋肉が皮膚を支えきれなくなると、垂れ下がった皮膚がフェイスラインを崩してしまいます。結果、顎のたるみが生じてしまうことに。顎の筋肉が衰えたり、支えきれなくなるほど脂肪で重くなることで、顎のたるみは生じます。食事のときにあまり噛まない、表情筋を使わないなども、顎の筋肉を衰えさせる原因です。顎のたるみを防ぎたいあなた、解消したいあなたは、普段から顔の筋肉・顎の筋肉を使うように心がけましょう。

体重の増加

体重が増加すると、皮下脂肪が増えます。皮下脂肪は身体のみならず、顔にもどんどん蓄積されていきます。その結果、顔には多くの脂肪がつき、皮膚はやがて皮下脂肪の重さを支えることができなくなります。結果、皮膚は垂れ下がってしまい、フェイスラインが崩れてしまいます。そうして、取り返しのつかないほどくっきりとした、顎のたるみが形成されるというわけです。規則正しい食生活、適度な運動を心がけ、肥満を防ぎましょう。肥満が原因でできた顎のたるみは、生活習慣の見直しやダイエットによって解消することができます。

リンパの流れの滞り

顎の周りには、顔全体を巡るリンパ管が数多く通っています。リンパ管というものは、体内に蓄積された不要なものを運ぶ下水道的な働きをするものです。リンパ管の中の老廃物は、水分補給や規則正しい生活によって尿・便として排出されますが、水分の摂取量が足りなかったり、不規則な生活をしていると、リンパ管の中に停滞した状態になります。停滞した老廃物は膨張し、その影響を受けてむくみ、たるみを生じてしまいます。改善するためには、水分をしっかり補給し、マッサージなどでリンパ管を流してあげるのが理想的です。

あごのたるみの解消方法

顎のたるみを改善するために、まず、普段から顎や表情の筋肉を使うことを心がけましょう。そして、できるだけ表情豊かに過ごし、物を食べるときはしっかり噛むようにしましょう。次に、むくみや肥満が生じないように、規則正しい生活をすることも重要です。バランスの良い食事、適度な水分補給と運動、十分な睡眠を心がけましょう。それでも顎のたるみが改善されなかったという方は、美容外科クリニックのリフトアップ術でフェイスアップ・フェイスリフトするのがオススメです。美容外科で展開されている若返り治療の中には、リフトアップ術、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射といったフェイスアップが望める治療が多数存在します。美容外科の若返り治療なら、即効性もあり、劇的な変化を感じることができるのでオススメです。

あごのたるみを解消!オススメのクリニックはここ!

品川美容外科

グループ院を含め、全国48院を展開している品川美容外科は北海道から沖縄まで全国各地に点在しています。開業から25年間、業界トップクラスの400万件以上もの施術を行ってきました。経験豊富な医師による施術により、多くの患者さんから支持を得ています。リフトアップの施術も豊富で、若返り術も得意としています。

  • 公式HPこちら
  • 詳しくはこちら
品川美容外科