目の下のたるみ

皮膚の中でも特に薄い目元は、たるみを生じやすい箇所です。老化によって筋肉が衰え出すと、目を保護する眼窩脂肪を皮膚が支えきれなくなり、たるんでしまいます。老化で皮膚が薄くなればなるほど、目元はたるみやすくなります。また、放っておくと眼瞼下垂といった症状になることもあります。それを防ぐためには、美容外科クリニックの若返り治療を受けましょう。眼窩脂肪除去、ヒアルロン酸注入といった若返り治療がおすすめです。

目の下のたるみの原因

目の下がたるんでいると、老けて見られてしまったり、疲れているように見られてしまいます。目の周りの皮膚は薄いので、乾燥しやすくたるみができやすい場所です。目の下がたるむ原因は、大きく分けると「紫外線」「目の周りの筋肉の衰え」「目をこする」という3つのことが考えられます。たるみを改善したいのであれば、紫外線に当たらないようにしたり、目の周りの筋肉を鍛えたり、目をこすらないようにしましょう。

紫外線

目の下がたるむ原因の1つである紫外線。紫外線は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどを破壊します。コラーゲンやエラスチンは、肌の弾力を保っている成分のため、これらの成分が失われると肌がたるみを起こします。紫外線は、夏場だけでなく年中降り注いでいるので、年中対策をする必要があります。毎日メイクをする方であれば、SPFが含まれている化粧下地やファンデーションを使用するなど、日焼け対策を心がけましょう。

目の周りの筋力の衰え

目の下には、眼輪筋を始め、30以上もの細かい筋肉があります。他の筋肉と同じく、筋肉を使っていなかったり、年齢を重ねると衰えてしまいます。目の下の筋肉だけに限らず、筋肉が衰えるとたるみが発生してしまいます。たるみを改善したいのであれば、目の周りの筋肉を鍛えましょう。眉を上に引き上げたり、目をしっかり閉じたり大きく開いたりするだけの簡単なエクササイズでも目元の筋肉を鍛えることができます。

目をこする

何気なくやってしまう方も多い、「目をこする」という行為。目の周りの皮膚はとても薄いので、目をこすってしまうと、摩擦によって肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。目の周りが乾燥すると、水分不足によりたるみやシワを引き起こしてしまいますので、目をこすらないようにしましょう。無意識にやってしまう方も多いですが、目がかゆい場合には目薬を使用したり、どうしても我慢できない場合は上から軽く押さえる程度にしましょう。

目の下のたるみの解消方法

目の下のたるみを改善するには、紫外線を直接肌に触れさせない、目の周りの筋肉を鍛える、目をこすらないことが重要です。日焼け止めを使用したり、目の筋肉のエクササイズをしたり、自宅でできるケアはたくさんあります。しかし、それでも解消しないという場合は、美容外科のフェイスアップ術がおすすめです。美容外科のフェイスアップ術には、メスを使用してしっかりリフトアップする施術もあれば、ヒアルロン酸の注入など気軽にできる施術もありますので、劇的に変化をしたいという方にも、ナチュラルにたるみを改善したいという方にもおすすめです。医師によるカウンセリングで、なりたい自分に近づくことができます。日本全国には、様々な美容外科が存在するため、安心して施術を受けられるクリニックを探しましょう。

目の下のたるみを解消!オススメのクリニックはここ!

品川美容外科

グループ院を含め、全国48院を展開している品川美容外科は北海道から沖縄まで全国各地に点在しています。開業から25年間、業界トップクラスの400万件以上もの施術を行ってきました。経験豊富な医師による施術により、多くの患者さんから支持を得ています。リフトアップの施術も豊富で、若返り術も得意としています。

  • 公式HPこちら
  • 詳しくはこちら
品川美容外科