顔のたるみ

顔全体のたるみは、年月と共に進んでいきます。私たちは知らず知らずのうちに、紫外線のダメージを受けています。紫外線は肌から弾力と水分を奪い、肌を薄く弱くしていきます。そんな状態の肌に老化が融合されると、一気に肌がたるんでしまうというわけです。顔全体のたるみを防ぐためには、毎日の紫外線対策とアンチエイジングに努めることが一番です。既に形成されてしまった顔のたるみには、美容外科のリフトアップ術がオススメです。

顔のたるみの原因

鏡を見たときにフェイスラインがぼやけてきた・・・これはたるみが始まるサインです。顔がたるむ顔が大きく見えてしまいますし、実年齢よりも老けて見えてしまいます。顔のたるみはが起きる原因は様々ですが、ここでは代表的な3つの原因について詳しくご紹介していきます。顔のたるみを解消したいのであれば、原因をきちんと理解し、原因に合った改善法を行う必要がありますので、しっかりと原因解明をしていきましょう。

顔の筋力の低下

筋肉は、30代をピークに、使われていない筋から徐々に衰えていきます。使用しないと筋肉量が減少するので筋力が衰え、皮膚が脂肪や筋肉を支えることができず、たるみを引き起こします。顔にある代表的な筋肉は、表情筋です。表情筋は、皮膚を支えるのはもちろん、笑ったり怒ったりするなど表情を作り出すときにも必要な筋肉です。日頃から筋肉を使用することを意識して生活しましょう。エクササイズやマッサージのほか、会話をするときには大きく口を開けるなど、ちょっとした工夫で筋肉を鍛えることができます。

加齢による肌の弾力とハリの現象

肌にハリを与える成分の1つにコラーゲンというものがあります。コラーゲンは、保水力に優れた成分で、肌を瑞々しく保ってくれます。しかし、コラーゲンは加齢とともに少しずつ減少していきます。コラーゲンが減少をすると、肌の水分が少なくなってしまうため、肌にハリがなくなってしまいますし、乾燥しやすくなります。コラーゲンは、食事や化粧品でも補うことができるので、たるみが気になる方はコラーゲンの摂取を積極的に行うようにしましょう。

紫外線

紫外線をたくさん浴び、日焼けした肌とは、軽い火傷をしているようなものです。水分が失われた砂漠のような状態の肌ということができ、この状態が続くとたるみが起きやすいのです。また、紫外線は、肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊してしまいます。コラーゲンやエラスチンが無くなってしまうと弾力のない肌になってしまいます。紫外線は日差しに関係なく降り注いでいるので、夏場だけでなく1年中紫外線対策を心がけましょう。また、万が一日焼けしてしまったときには、保水を十分に行うよう心がけましょう。

顔のたるみの解消方法

顔のたるみの改善法は、エクササイズやマッサージ、コラーゲンなど保水力に優れた成分の化粧品を使用するなど様々です。しかし、これらは毎日行わなければ効果は現れません。すぐに効果を得たいというのであれば、美容外科のフェイスアップ術がおすすめです。美容外科のフェイスアップ術には、リフトアップやフェイスリフトなどがあり、毎日努力をしなくてもたるみを改善することができます。近年は切らないリフトアップなど気軽に受けられるものもあります。

顔のたるみを解消!オススメのクリニックはここ!

品川美容外科

グループ院を含め、全国48院を展開している品川美容外科は北海道から沖縄まで全国各地に点在しています。開業から25年間、業界トップクラスの400万件以上もの施術を行ってきました。経験豊富な医師による施術により、多くの患者さんから支持を得ています。リフトアップの施術も豊富で、若返り術も得意としています。

  • 公式HPこちら
  • 詳しくはこちら
品川美容外科